即日キャッシング

MENU

即日キャッシングの基本を押える!

即日キャッシングを望むのであれば気になるポイントが、どれぐらい待てば審査の合否が伝えられるのかと言う事です。

 

近年のケースではどこのキャッシング会社でも即日審査をうたっているので、審査解答が早い場合だと30分程度で済むことがあります。

 

しかし、銀行系は低金利という好条件のため、消費者金融系よりも厳格な基準で審査されるので、審査に時間が掛かるというデメリットがあります。

 

一方で、消費者金融の場合だと、審査速度が非常に早いことから当日中に借りたいときにメリットが大きいという違いがあります。

 

100万円のような高額の借り入れをする際は、利率の高さは一番大切な点です。借り入れした金額が多ければ金利差が数パーセントあるだけで支払う利息額が大きな差となってあらわれます。

 

しかし、高額なキャッシングではなく借入金額が数十万円程度のときや、即日融資が優先されるのであれば、銀行系キャッシングより金利を少し多めに払うものの、速やかな審査が売りの消費者金融がおすすめの選択肢です。

 

借り入れ申し込み時の状況や借入金額によってどこから借りるか選びましょう。

 

即日で借りたいなら、インターネット申し込みからが必須です。

 

銀行振込の場合、ネットバンクの口座であれば短時間で入金が確認できますが、通常の金融機関に振り込んでもらうケースでは、時間によっては入金反映までに時間がかかってしまいます。

 

銀行の営業時間終了後に振込されても、自分の口座にお金が入ってくるのは次の営業日まで待たなくてはなりません。

 

そのため、夕方以降の即日融資であれば、街中にある無人機を活用しましょう。
ネット申し込みの後無人機で所定の手続きを済ませれば、その場でカードが発行され融資を受けることができます。

 

50万円以下の融資であれば収入証明書の提出も不要なので、気楽に借り入れができます。

 

このやり方を覚えておけば、外出先で現金が必要になったケースとき、銀行振込が間に合わない時間でも現金を借りることができます。

 

ネットからの申し込み後に、キャッシングカードを自動契約機で発行するのが最も早い流れとなります。消費者金融の中でも大手であれば、夜間であっても自動契約機を利用すればお金が借りられます。

 

午後3時以降で急に当日中にお金を借りたいという時には、ネット申し込みの上、無人機を活用しましょう。

気になる審査のステップを押える!

即日キャッシングの申込をしたとき、何が何でもクリアしないといけない障壁になるのは借入審査です。

 

返済できる経済力を持っているかを精査することが目的です。小額融資を申し込んでも審査に合格しないと現金を手にすることは叶わないので、最も重要なハードルなのです。

 

そこで、以下に謎も多いキャッシングの審査内容について大まかに解説するので、ぜひご参考に。

 

大半のキャッシングの場合、スコアリング方式といった基準を利用して申込者の返済能力を半自動で判別しています。

 

このシステムを完結に解説すると、申し込んだ人の属性(年収や年齢、勤続年数など)をスコアリングすることで基準値を作り、それを今までの顧客情報が記録されたデータを参照し、きちんと返済能力があるかないかを少ない労力で判別できるのが特徴です。

 

このようなシステムのお陰で申込後30分ぐらいで審査回答がはじき出される即日ニーズへの対応と審査に掛かる人的コストの削減にも貢献し、必要なときにすぐにキャッシングを利用できるようになりました。

 

そうしたスコアリングを通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

信用情報が記載されたデータをCICやJICCから閲覧して、どれだけの金額をどれだけの金融会社から借りているかという状況や過去の返済遅延や借金整理(債務整理や個人再生など)の問題の有無を調べます。

 

そして、総量規制の対象となっているかどうかをチェックする意図もあります。総量規制というのは融資額の上限(自分の年収の3分の1以上はダメ!)を定めた法律で、多重債務者を増やさないようにする、というのがこの総量規制の目指しているところです。

 

しかし総量規制の対象となる融資は信販会社と消費者金融からのキャッシングに限られます。

 

クレジットカードのショッピング利用や、多くの人が利用するようなローンに関しては対象外となります。
あくまで、貸金業法内の一環なので銀行からの融資に関してはいくら借りていようが関係ありません。

 

こうした審査にパスすると、在籍確認とよばれる最終ステップに移動します。

 

この在籍確認というものは、申請をした会社に実際に籍を置いているか?を実際に電話をかけて確認するものです。

 

必ず鈴木や伊藤というような個人名で電話をするので、キャッシングに申し込んだことが勘付かれることはありません。

 

この時、休憩時間などで会社に居なかったとしても、本当に会社に所属している(在籍している)ことが分かればそれで完了です。

 

概ねどの金融会社でも、こうした審査を通過すれば晴れて融資を受けられます。

 

借入先によっては多少の違いもありますが、大概このように審査が進められます。全体像を把握しておけば必要以上に審査に怯えることはありませんよ。

 

審査に有利になる?電話番号の記載部分

もし携帯電話だけでなくて固定電話もあるならば、連絡先の欄には携帯電話より固定電話を書いた方が審査に有利になる事は有名です。

 

キャッシングは基本的に担保も保証人も必要としない、利用者本人の信用だけで融資がおこなわれる消費者信用産業に属するフリーローンなのです。

 

自分の返済能力に見合う金額内で、面倒な手続きなしに即日でお金を借りられるのが特長であると言えます。

 

よって、貸し倒れなどという最悪のケースは避けたいので、キャッシング会社側は利用者と連絡がとれなくならないように情報を集めるのは当然ですよね。

 

そのために使われるのが以下に説明する契約の際の必要書類や、契約時に記入したさまざまな個人情報というわけなのです。

 

従って、すぐに解約されてしまうリスクのある携帯電話よりも自宅に引いている固定電話の方が、「何かあったときに連絡が付き易い」という観点からも、審査の際に有利になるのです。

即日キャッシングに必要な書類を揃えておこう

即日キャッシングを選んで申込んでも、必要書類が足りなくて余計な時間をとられてしまうと、肝心のタイミングに間に合わないという可能性もあります。

 

余計な時間をとられずに済むよう、必要書類を予め理解しておきましょう。

 

ちなみに、本人確認書類なしでもキャッシングできる会社は一般的に考えてまずありません。もしあるとしたら、そこはかなり危険な金融業者かもしれませんのでご注意を。

 

本人確認書類とは?

必要書類の用意については、ごく一般的な大人であれば大半はまず問題にはなりません。

 

運転免許証・健康保険証・パスポートのどれかを用意すれば本人確認書類として受諾されます。

 

ですが、キャッシング会社により本人確認書類として認められるものが異なるところもあるので、念のため確認しておくことがおすすめです。

 

とは言え運転免許証か健康保険証があればまず普通は使えるため、即日キャッシングに申し込む際には手元に準備しておくと良いでしょう。

 

現住所と免許証の住所が異なる場合は?

単身赴任中などの理由により、現住所と本人確認書類に記載の住所とが違っている場合、別途、現住所の確認できる公共料金の領収書、各種税金の領収書、住民票の写しなどを求められる場合もあるので準備しておきましょう。

 

借り入れ金額が多い場合に求められる書類

借り入れ希望金額が多い場合にのみ提出が必要な書類が収入証明書です。

 

大半のキャッシング業者では、50万円以上で収入証明が必要です。

 

これは会社員のケースで、自営業の人だと希望する借入額が50万円未満でも収入証明書が必要となるかもしれません。

 

会社勤めの方に比べて、収入が分かりづらいことが多いなどの理由によるのものです。

 

収入証明書は、融資額に見合った収入を持ち合わせているかを確認するために使われます。

 

そうした書類として使われるのは確定申告書、源泉徴収票、住民税の通知書、給与明細などです。もちろんこのような書類は、有効期限が切れていない最新のものが必要です。

 

ちなみに収入証明に給与明細を用いるときは、偽造を防ぐ効果をねらって社印、発行年月日、勤務先名称、給与受取人の氏名などが無いとならないなどの条件を満たす必要があります。

 

さらに、1枚だけでは不可で直近の2〜3か月分の提出が必要なことが多いです。

 

他金融機関からの借入れ状況や勤務形態次第で複数の書類を求められる事もあります。

 

そのため、50万円を超える額を借りたい場合や、自営業の方などは、収入証明書を事前に用意しておけばスピーディに手続きができるので、即日キャッシングの可能性がそれだけあがりますよ。

 

保険証で審査が有利に?

場合にもよりますが、本人確認書類としては免許証よりも「保険証」の方が、その後の審査にプラスとなる可能性もあります。

 

健康保険証の発行元は勤務先などにより決まるので、そのため保険証だけで利用者の情報がある程度は把握できるのです。

 

つまり、収入や雇用が安定している公務員の方と、不安定な収入のフリーターの方では保険証が異なります。

 

国民健康保険証は、どんな方でも持てるため融資の審査においては価値があまり無いとされる傾向にあります。

 

これに対し公務員だけが対象の公務員共済健康保険証は、融資審査における身分証明としては価値が高く見なされます。

 

次いで、大多数の会社員が加入している社会保険健康保険証、という順にメリットがあるとされます。

 

すなわち、健康保険証の発行元でだいたいの職業がわかるので、自ずと返済能力もある程度の予測がつきます。

 

入っている健康保険が公務員共済や社会保険の場合は、身分証明には保険証を用いれば返済能力も示すことになるので、審査が早く通る可能性が高くなります。

 

※とは言え、どのキャッシング会社でも必ず当てはまる保証はないので、予備知識にとどめておいてくださいね。

 

保険証の序列

公務員共済健康保険証 > 社会保険健康保険証 > 国民健康保険証